ウィンターサイクリングのためのウェアの基礎知識

Published by shopmaster on

ウィンターサイクリングのためのウェアの基礎知識

屋外の気温が低下したとき、サイクリングはやめておこうと決断することは簡単です。みぞれや雪、雨が予報されているとなればなおさらです。しかし、どのように対策するかを理解していれば、このような条件でも走り出す気になるかも知れません。ウィンターサイクリングのウェア選びでキーとなるのは、レイヤリング(重ね着)です。夏と比較し、冬のサイクリングに関していえばウェアは決定的な要素となります。レイヤリングとして着用する一枚一枚のウェアにはそれぞれに機能的な意味があり、対策を要する要素に対してそれぞれが機能的な役割を果たします。

レイヤリングには3の基本的な構成要素があります。肌着・保温・防風です。ここで一点注意事項があります。それはコットン(木綿)です。コットンには寒い環境に対応するための適切な機能はありません。よくある誤りとして、肌着にコットンを選ぶ人がいますがウィンターサイクリングには適切ではありません。今日では、ポリエステルが肌着としては代表的な素材と言えるでしょう。ポリエステル素材からつくられた肌着には、湿気を逃がす機能が備えられていることが多いからです。しかも、汗に濡れても軽量性を維持しやすい点もスポーツウェアの肌着として優れた点の一つです。透湿性や軽量性といった機能性だけを考えた場合、肌着は必ずしもサイクリング用に設計されたものである必要はありません。冬のアウトドアのために設計された多くの肌着がサイクリングウェアの代替品として活用可能です。その上で、それ以外の要素を考えた場合、たとえば、前傾姿勢に合うように専用設計された袖付けやサイクリングでは重要視されやすいタイトフィット感が必要であればサイクリング用に設計された専用品を選ぶことになります。専用設計品は余分なしわや無理なストレッチが生じにくく、生地が折り重なるか伸びきって薄くなる所を減らすことができるためレイヤリングには適しています。この点で言えば、夏用ジャージは最適な選択肢の一つです。透湿性が高い上に前傾姿勢に沿うよう形状が最適化されているからです。次に保温です。今日の保温性を担う代表的な素材はフリースです。柔らかい起毛仕上げの生地により暖気を生地の中に閉じ込め体温低下を防ぎます。起毛を構成する繊維がマイクロファイバーと呼ばれるきわめて細い繊維になったことで実現した効果です。現在では、さらに細いナノファイバーと呼ばれる繊維もフリースに用いられることがあり、フリース生地内に蓄積できる空気の量が増加しました。厚みがなくても保温性が同等ということであり、薄く暖かいフリースへと変化しています。そして、先の肌着と保温の二つを備えた素材として、ウールがあります。天然由来の防臭効果を備えていることから登山・ハイキングの分野で重宝され、昨今ではサイクリング用に設計されたウールも登場しています。最後に防風です。たとえば、皮膚まで風を通すウェアでは体温を徐々に低下させ低体温症を引き起こす原因となります。冷えた外気を皮膚に到達しないレイヤリングが必要です。ところが、防風素材は単純に空気を通さなければよいというものではありません。ビニールフィルムやガラスのように空気を完全に遮断する素材には当然の帰結として透湿性がありません。せっかくに透湿性にすぐれた肌着を使用してもアウターの透湿性が皆無であれば無意味になります。スポーツウェアとして販売されている防風ウェアと普段着用に販売されている防風ウェアにはここに大きな違いがあります。スポーツで使用することを考える場合には、防風かつ透湿素材が求められます。この防風透湿素材も時代とともに進化があり、より軽く伸びるようになってきました。また、糸から生地に仕上げる編み構造や編み目の細かさを調整することで、防風性・透湿性・ストレッチ性・軽量性のバランスを調整したものも登場しています。一口に防風透湿素材といっても中身はさまざまです。

サイクリング用に設計されたウェアには、これら3つの基本要素を一つずつそなえたウェアから、3つの要素を一つにまとめたジャージやジャケット、あるいは、3つの内2つを備えたものが存在します。いずれを選択するかは走る日の環境に合わせる必要があります。たとえば、気温は低いが風のない日であれば防風は省くか弱めにしてもよいかも知れません。気温はそれほど低くないが風の強い日には保温を省いてよいかも知れません。気温も低く風も強い日には保温と防風を多めにしたレイヤリングとして、肌着にウールを着用しフリースのついたジャケットを着用することも考えられます。いずれにしても3つの基本要素を念頭におくことに違いはありません。

結論 ウィンターサイクリングのためのウェアの基礎知識

  • 以下の3つの基本要素をレイヤリング
  • 肌着
  • 保温
  • 防風

 

 

 


1 Comment

ウィンターサイクリングの基礎知識 | デマルキ京都店・公式アウトレットECサイト · 2017年12月15日 at 6:04 PM

[…] ウィンターサイクリングのためのウェアの基礎知識 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です