温度調整が自動で行われる!サイクリストの味方「c-change」!

Published by shopmaster on

高機能且つラグジュアリーな質感を求めるアパレル好きな人たちの間で絶大な人気を誇るスイスの高級生地メーカー「ショーラー」

その「ショーラー」の特殊技術が「c-change」

c-changeは、天候・気温に応じて自動的に性能を変化させるハイエンドテクノロジーです。

着想のきっかけは、マツボックリのもつ自動開閉機能。

・冷気や水に濡れるとかさを閉じる

・暖かさや乾燥でひらく

この開閉機能に着目し誕生した自動透湿コントロール「C_Change」素材なのです。

この機能を取り入れたサイクリングウェアは、雨が降ってきたら雨をブロックするために生地が閉じます。

元々は登山のために誕生した素材を、De Marchiがサイクリングの使用条件下に最適化させました。

晴れた日や、体温があがり皮膚の湿度があがると生地が開き通気性・透湿性を発揮します。

同時に、外部からの水の侵入を防ぐためレインジャケットとして使用することもできます。

日本では、冬のサイクリングだけでなく、梅雨の季節にも活躍します。

まさに、テクノロジーを駆使したスマートファブリック(スマートテキスタイル)!

 

上記動画を見るとその説明がされています。

天候に左右されるサイクリストにとっては、頼もしい存在です。

必然的に対応温度幅が広がるので、冬だけでなく、春・秋とシーズンを通じて使用できるのも嬉しいポイントです。

デマルキでは、3シーズンジャケット、ハードシェルジャケット、ソフトストレッチジャケットで採用されています

 

「マツボックリの温度調整機能を生地にした高性能素材 0~20℃と幅広い気温に対応」 3シーズン ジャケット / 3 SEASON JACKET

ハードシェル ジャケット / Hardshell Jacket

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です