2019.6.1 sat - 6.2 sun
群馬県・四万温泉

De Marchi

今年もDe Marchiオフィシャルストアが登場します。

オフィシャル・ブース

De Marchi Kyoto

チーム監督時代を含めると実に100年以上の歴史を持つDe Marchi。そのオフィシャルストアが今年もエロイカ・ジャパンに登場します。1920年頃にコスタンテ・ジラルデンゴとの交友から始まり、その後はオッタビオ・ボッテッキアと、第二次世界大戦をはさみジーノ・バルタリと、戦後はファウスト・コッピ、ルイゾン・ボベらと、60年代からエディー・メルクス、フェリーチェ・ジモンディ、フランチェスコ・モゼール、ジュゼッペ・サローニ、マリーノ・バッソらと親交を持ち、彼らが所属するプロチームにくまなくウェアを供給してきました。同時に、デマルキがシャモア(鹿革製パッド)を他社に供給することを通じて多くのウェアブランドを支えていました。そして現在、当時と同じデザインでウールジャージーを製造しています。これらは、1946年に創業する以前に入手した編み機を今も使い続けることで伝統的な風合いを守り続けています。そして、素材には厳選された最高級のウール原糸と最先端フィラメント技術を用い、メゾン系ブランドと同等品質の素材で高機能化と上質な肌ざわりの両立を果たしています。デマルキ京都はイタリア本国を除きデマルキ唯一のコンセプトストアとして、店長自らが厳選した良品を日本の市場に導入しています。世界観を大切にするEroica Japanの参加者の皆様の御眼鏡にかなうものと信じています。歴史的にも、品質的にも、「人よりいいものを。」

「De Marchi Kyoto 公式ブース」の見どころ

見どころ(1) 伝統を有する正統派アイテム

デマルキ製品の見どころの一つに『ヘリテージライン』があります。ヘリテージラインとは、かつて実際にデマルキがプロチームやナショナルチームに提供していたジャージを現在も作り続けている製品ラインナップです。デザインや生地の⾵合いはそのままに、繊維はより進化した現在のウールを採用しています。進化したウールは中空構造になるようフィラメント化され軽量かつより多くの空気を通常のウールより取り込むことができます。また、ウールによくあるチクチク感も存在しません。さらに、デマルキのウールは毛玉になりにくく、使いこむほど⾵合いがよくなるなど、時間が経つほど進化するウールを採用しています。

この『ヘリテージライン』は感度の高い本物志向のサイクリストから好まれ人気のラインです。Eroica Japan(エロイカジャパン)の出走者は、ヴィンテージスタイルを好む方が多いため、そのサイクリストのドレスコードにマッチするラインナップを用意します。ヴィンテージスタイルで大事なのはバイクとサイクルウェアのトータルコーディネートです。トータルコーディネートのご相談にも応じます。

見どころ(2) サイクル・ファッション・ミーティング

CYCLE FASHION MEETING​

HANDLE BAR TAPE

De Marchi Kyoto Cycle Fashion meeting

FABRIC BRUSHING

De Marchi Kyoto Cycle Fashion meeting

SHOE CARE​

De Marchi Kyoto Cycle Fashion meeting

サイクルファッションミーティング

デマルキ京都サイクルファッションミーティング

De Marchi Kyoto

真田紐でできたバーテープを製造販売するSAMURAI BAR TAPE様にご協力頂き、「SAMURAI BAR TAPEを上手く巻くコツ」講座を開催します。

名称SAMURAI BAR TAPEを上手く巻くコツ講座」
日時2019年6月1日(土)15:00-15:30
場所デマルキブース内
参加費無料

これを機会に、品質と独自性、そして文化性の高いオリジナルバーテープに変えてみませんか?

また、参加者が各自のペースで自主的にウール・ジャージーのブラッシング、レザーシューズケアを行うワークショップも開催を予定しています。ご愛用のウール・ジャージーとブラシ、レザーシューズとケア用品をご持参の上お集まりください。

バーテープは
“バイオリンのように美しくなります”

ブラッシングにより
生地の光沢が蘇ります

レザーシューズは
自分の足の形に成長します

見どころ(3) 今年もあります! プロセッコ

出展イメージ

ご来店お待ちしております。

名称第7回 エロイカ・ジャパン
開催日時2019年
6月1日(土)前日イベント&受付
6月2日(日)レース
開催場所群馬県・四万温泉
申込&お問い合わせhttps://eroicajapan.jp/