に投稿

世界最大のヴィンテージ・クロモリバイクイベント「L’Eroica」(エロイカ)「エロイカジャパン2019」レポート~FAEMA(ファエマ)編~


2019年6月1 日(土)・2日(日)の2日間 、群馬県 四万温泉 ( 群馬県中之条町四万温泉) にて、 世界最大のヴィンテージ・クロモリバイクイベント「L’Eroica」(エロイカ)「エロイカジャパン2019」が開催され、デマルキ京都もブースを出展致しました。

そして、今年からグローバルスポンサーの一員として 「エロイカジャパン」に 初参加された FAEMA(ファエマ)社。

FAEMA(ファエマ)とは、1945年イタリア・ミラノで設立された名門エスプレッソマシン メー カー。1960~70年代にかけて、イタリアのマーケットリーダーとしてサイクリング チームのスポン サーを務めました。 往年の名車をデザインしたことで知られるイタリア工 業デザイナー、ジョルジェット・ジ ウジアーロがデザインしたマシンもあり、今なお大 ヒットを続けています。 今回、FAEMA社のフラッグシッププモデルである FAEMA E71 が、FMIブースでお披露目されました。

*日本国内では、業界大手の(株)エフ・エム・アイ社がFAEMA『E71』シ リーズの輸入代理店を務め、エロイカジャパンにも 同社がFAEMAブース出店しました。

デマルキ京都はその FAEMAブース の隣に出展致しました。

当日は、FAEMA 『E71』という大変高価なマシンが 設置され、エスプレッソの香ばしい香りが一面に漂いました。イタリアのBARに来たかのような雰囲気に。

また、スタッフのドレスコードは、 デマルキの『FAEMA (ファエマ)ジャージ 』。

FAEMA の関係者の皆様、当店スタッフもFAEMA (ファエマ)ジャージを着てイベントを愉しみました。

ちなみに、FAEMAは、1960~70年代にかけて、史上最強のロードレース選手「エディ・メルクス」が所属したチームのスポンサーでした。

今回のFAEMAブースの出展を通じて、「 エスプレッソマシンのメーカーだったの!?」と初めて知り、驚かれるサイクリストも多くいらっしゃいました。

さらに、今人気のけんたさんがエロイカジャパンに参加され、 FAEMA(ファエマ)ジャージで 完走されました。

デマルキのFAEMAジャージとウールショーツの上下セットアップ+レザーシューズで、洗練されたクラシックファッションで愉しまれた、けんたさん。新たな魅力再発見ですね!

その他に、FAEMAジャージでライドを愉しまれたかたもいらっしゃいます。

FAEMAジャージは遠くからでも美しさが際立ち、サイクリストをより素敵に魅せてくれます。

現地に来られた皆様には、エロイカジャパンで初出展された「 FAEMA」のお陰で自転車とエスプレッソの深い関係性を肌で感じてもらうことができたのではないでしょうか。

ライドの前に軽くエスプレッソを嗜む。そんなイタリアスタイルがエロイカジャパンで実現されたことは喜ばしい限りです。

エディ・メルクスファン、エスプレッソ好きなサイクリストの心を鷲掴みにしてくれた 「 FAEMA」

関係者の皆様、この度「 FAEMA」 の出展ありがとうございました。

☆けんたさんのトータルコーデは下記アイテムです。