に投稿

京都大学体育会自転車競技部「ツールド北海道」出場!デマルキ京都も応援しています♪

京都大学体育会自転車競技部が 毎年9月に北海道で行われる自転車ロードレース大会 「ツール・ド・北海道」に急遽、出場されることになりました。

開催日程. 2019/09/06 (金) 〜 08 (日).  旭川出発です。この時期は雨になると最低気温5-8℃にはなる為、 京都大学体育会自転車競技部 のコーチが、デマルキのウールベースレイヤーを部員に勧めてくださったようです。

出場者は5名。当店もベースレイヤーの半袖&長袖を当店でご用意させていただきました。

以下、 京都大学体育会自転車競技部 のコメントを頂いております。

ベースレイヤーについても詳細に掲載されているので、ご参考になさってください。

流石、クレバーな京大生は、ウェアに関してもスマートにお考えです。

【ツールド北海道に向けて】

ツールド北海道の防寒対策になんとDe Marchi Kyoto 様が支援してくださいます!🇮🇹🇮🇹
本日De Marchi Kyoto様のお店にお邪魔させてもらい、お話や試着をしてきました!

今日試着させていただいたインナージャージの素晴らしさを、寝言も文句もコメントも長い、お世辞を知らないからインプレとか絶対書かせたくない、お騒がせエース福原(4回生)から伝えてもらいます。

「デマルキ様の製品はウールが使われているmade in イタリアだそうで、まず見た目が違いますわ。落ち着きがあります。わざわざ外に見せびらかすようなデザインじゃなくて、「分かる奴にはこれで十分なのさ…」と言わんばかりの落ち着き。もはや職人です。
次に試着してみたら、もう感動。肌ざわりがしっとり自然、伸縮性も十分で肌にフィット。しかもサイクリスト向けの設計だから、脇下やら二の腕にもダボつきがない。
さらにここでポイントなのが肩から腕にかけての縫製。首の部分から腕にかけて一枚の布でできているようで、前かがみのポジションを取った時にベストフィット!もちろん腰の部分が見えたりなんてことはありません。
そして店長さん曰く、このウェアは臭いレス、シーズンレス、エイジレスとのこと。つまり、臭いがせず、夏でも冬でも快適で、いつまでも使い続けられるものだそう。ウールの強みは臭いがつかないこと、暑さにも寒さにも対応できること。ヒツジさんの進化の賜物にイタリアの職人技が組み合わさったわけです。
つまるところ、最強のインナーですね!
ちなみに……
(終わりが見えないので以下略)」

京都大学体育会自転車競技部facebookページ

これで寒いから走れないなんて言えませんね😂😂
あと2週間もないですが、インカレ、ツールド北海道しっかり準備して臨みたいと思います!
応援よろしくお願いします!

皆様、 京都大学体育会自転車競技部の 「ツール・ド・北海道」 の健闘を祈りましょう!