早春・知多半島をサイクリング!

 

気温5℃、体感気温2℃(by google)、風速8m/S

風があるので気温以上に寒く感じます。

この日のレイヤリングは

ソフトシェルジャケット+メリノベースレイヤー(半袖)+ハイブリッドTシャツの3枚のみ

思いきってインナーは半袖にしてみました。

走り始めは、ベースレイヤーが半袖なので袖周りに少し寒さを感じたものの、走り出して5分ほどすると体が温まり、半袖でもじんわり汗をかいてくるのを感じました。

ハイブリッドTシャツで汗を皮膚から素早く放出させて、メリノベースレイヤーで汗を吸わせて汗冷えを防止。

ソフトシェルジャケットで防風・防寒出来、ジャケットの中はメリノで暖かく快適でした。

ウィメンズ クラシック ソフトシェル ジャケット / Women’s CLASSIC Softshell Jacket FALL-WINTER 2014-15

ウィメンズ メリノ ベースレイヤー / Woman Merino Baselayer Spring-Summer 2017

デマルキ ウーマンズ ハイブリッド Tシャツ 2016春夏モデル / De Marchi Women’s Ibrida T-shirt SPRING-SUMMER 2016

おススメは、ビブタイツ!

ウィメンズのサイクリストの方は、化粧室での手間がかかる為、ビブタイツを敬遠されます。

しかし、ビブタイツのビブ、すなわち前見頃のあたりがしっかり裏起毛の覆われているので、一枚ベストをきているような温かさです。

またジャケットからの隙間風もビブタイツならおなか回りも暖かく、その上楽なので、ロングライドには適しています。

デマルキ  FW17-18機能性ウェアラインナップ 「ウーマンズ トリノ ビブタイツ」

グローブはウィンドプルーフ。インナーなしで1枚で快適でした。

デマルキ  FW17-18機能性ウェアラインナップ 「コルティナ グローブ」

ソックスは、ウールソックス1枚。

レザーシューズなので、風をシャットアウトしてくれ、その上、通気性・透湿性もあるので快適です。

シューズカバーなしでも対応できます。

 

クラシック・メリノ・ソックス / De Marchi CLASSIC MERINO SOCK

首元は、シルクスカーフで保温性を保てます。

襟元を白いシルクスカーフにすることで、顔色も明るくみえます。

オールブラックに白いシルクスカーフをあしらうだけで、洗練された雰囲気に仕上がります。

シルクは通気性・透湿性も高く実用性も高く、一年中使用できます。

シルク スカーフ / SILK FOULARD

このキャップは薄くて柔らかくつけ心地が抜群いいです。

生地が薄いのでヘルメットが盛り上げるような違和感がありません。

デマルキ  サーマル キャップ / De Marchi THERMAL CAP

このように、「身体の守るべきところ(保温性・防風対策)」と、「汗を放出させるところ」、そのメリハリを理解して、意味のあるレイヤリングををすることで、、サイクルウェアの着過ぎを予防し、スマートなレイヤリング(重ね着)でき快適なサイクリングができます。

参考になさってみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。