自転車エピソード図鑑 NO1 ~コーディネート編~

Published by shopmaster on

愛車と共にトータルコーデで素敵に魅せる

こちらのバイクオーナーのお客様は趣味性が高く、人生を謳歌されているオシャレな方です。

自慢のクロモリバイクにお客様に似合いそうなサイクリングウェアとのトータルコーディネート

愛車をいろんなシーンで愉しんでもらえるようトータルコーディネートしてみました。

何気ない日常を花で彩るように、愛車と共にトータルコーディネートするとサイクリストを素敵に魅せてくれます。

あなたのサイクルシーンに活かしてみてください。

【美しい赤フレームを活かしたコーデ】

赤いフレームに色を引き立たせるには、ウェアは異なる色目の方が双方映えます。

【ヴィンテージを洗練させたコーデ】

ヴィンテージバイクを今時に洗練させるには、ウェアを最新のウールジャージ+シルクスカーフをあしらってみる。古びた感じに見せないのがコツ。

【街に映える街乗りコーデ】

カジュアルレストラン・カフェなど立ち寄るのに相応しいオトナのスタイル。ジャケットに上質なウールスカーフ、レザーグローブで大人を演出。

【上質感を演出するコーデ】

上質なウールジャケット、最高級のウールセーターを纏うと気分が高揚して最高の気分を味わえます。

【クラシック過ぎないイマドキコーデ】

最新のテクノロジーウールジャージなら最先端を行くサイクリストを演出できます。

【番外編】

京都のやわらかい色合いの訪問着とのコーデ。フレームの美しい赤色が引き立ちます。

このように、サイクルシーンが異なると愛車とサイクリングウェアのトータルコーディネートも異なります。

「今度はフランスにいこうかな」

「バイクとウェアの年代を合わせてみようかな」

など夢もひろがります。

お客様がそれぞれのサイクルシーンに合うトータルコーディネートを愉しんでもらえると嬉しく思います。

お客様のますます洗練されたトータルコーディネートを拝見できるのではないかと楽しみにしております。

今回、自転車をお貸し頂きましたお客様に心より御礼申し上げます。

 

 

*人生は一度きり。

愛車と共にトータルコーデであなたの魅力を発揮してください。

デマルキ京都店はお客様が魅力的に見えるトータルコーデをご一緒に見つけていきます。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です