汗でベトベトしない!快適なベースレイヤーとは?

Published by De Marchi ambassador on

38℃(体感気温は46℃!*iPhoneより)!灼熱の京都!

高温多湿の京都は、汗の量も半端ありません。

汗でベトベトした不快感を少しでも軽減したいものです。

少しでも快適にしたいなら、ウールのベースレイヤーがおススメです。

De Marchi MERINO BASE LAYER

¥11,340 (税込)オプションを選択

 

【夏のウールのテスト】

目的:38℃の灼熱の日に、化繊のジャージの下にウールのベースレイヤーを着用したらどうなるのか。

(ウールジャージの下にメッシュのベースレイヤーを着用するのは理にかなっているが、その逆はどうなのか?)

7月15日 38℃(体感気温は46℃!)天気晴れ 湿度46

テスト:化繊のジャージ、メリノウールのベースレイヤー

【インプレッション】

・ウールが汗を吸ってくれるので、汗の量が抑えられる

・熱が籠らない

・一旦汗をかくと、それ以上汗の量が増えることがない

*化繊の生地の場合は次から次へと汗が噴き出してくる

・肌が汗でベトベトしない

ベースレイヤーが快適だと、灼熱のサイクリングのダメージも軽減されます。

身体に負担のない着こなしを見出してください。