細く見せる?見える?職人の技

Published by De Marchi ambassador on

横から見られたときのライディングポーズ

サイクリングをしていると横から見られることが多いと思います。

横から見られた時の格好良さには気を使いたいものです。

しかし、自分のライディングポーズを客観的に見ることはできません。

唯一、見ることができるのは、ショーウィンドーに映る自分の姿。

ライドしていると「チラッ」としか確認できないですが、一応見ることができます。

その時に要チェック。

ライディングポーズの姿にジャージがフィットしているか。

ジャージがダボダボでは、余計に太って見えてしまいます。

「少しでも細く見せたい」

そんなあなたにジャージを選ぶ時のポイントをお伝えします。

パターンが横側に施されているか。

パターンが前見頃(まえみごろ)と後見頃(うしろみごろ)との間に一枚のパターン(型)があります。この型の効果で身体にフィットしてシルエットが美しく見えます

写真のように身体の側面に一枚パターンが施してあるだけで、フィット感が異なってきます。

身体は立体的です。

身体によりフィットして美しく魅せるためには、職人の技が必要です。

写真の通り、単に1枚施したのではなく、身体の線に合わせて緩やかな曲線を描いています。

胸囲のあたりは広く、ウエストは細く、お尻周りは少し広いパターンになっています。

人体構造を知り尽くしたパターンです。

横からのシルエットが美しく見えます

 

デマルキのように長年培われてきた経験則上、どうすれば、サイクリストにとってベストなライディングポーズになるかを日々、考えています。

「デマルキ着るとなぜか細く見える」

それは、隠れた職人の技のお陰かもしれません。

 

De Marchi LEGGERA JERSEY 

¥20,520 (税込)オプションを選択

 

 

 

 

8月17日~20日 東京ポップアップストア開催 非表示