お盆といえば六道参り・デマルキ京都からすぐ♬

Published by De Marchi ambassador on

六道参り(精霊迎え)は京都の夏の風物詩 

8月7日~10日まで六道珍皇寺で行われます。

『京都では、8月の13日から始まり16日の五山の送り火に終る盂蘭盆(うらぼん)には、各家に於て先祖の霊を祀る報恩供養が行われますが、その前の8月7日から10日までの4日間に精霊(御魂 みたま)を迎えるために当寺に参詣する風習があります。
これを「六道まいり」あるいは「お精霊(しょうらい)さん迎え」と言います。

平安時代においてこの辺りが、墓所の鳥辺山の麓で、俗に六道の辻と呼ばれた京の東の葬送の地であったこと、それはまさに生死の界(冥界への入口)であり、お盆には、冥土から帰ってくる精霊たちは、必ずここを通るものと信じられた事に由来しています。 』

*六道珍皇寺HP引用 http://www.rokudou.jp/visit/

デマルキ京都がある八坂通り、松原通りはお詣りの人で溢れています。

ちょっと、通な京都の風物詩。

今年はお詣りされてみてはいかがでしょうか。デマルキ京都店より徒歩1分

 

Categories: kyoto scene