重ねた年齢・地位・実績にふさわしいスタイルとは

年齢・地位・実績に見合うくらいのものを身に着ける

これに尽きます。

ファーストクラスやビジネスクラス

そのクラスにふさわしいスタイルがあるように、サイクリングウェアにもそのクラスがあります

周りから見られている分、周りからの期待が高いのです

だからこそ、見た目が美しく、観る人を歓ばせ人から歓迎されるスタイルを身に着ける

高スペックであるのは当たり前 そのプラスαが求められています

年齢・地位・実績にふさわしいスタイルを身に着けるためには、美しく良いものを観ることが大切です

とにかく良いもの観て、良いものを刷り込ませる

そうすることで、あなたの年齢と地位・実績にふさわしいスタイルが見えてくると確信しています

ここでは、数多くの参考事例を挙げています。中には、良くない例も挙げています

これらを観て、感じて、あなたの年齢・地位・実績にふさわしいスタイルを見つけて下さい

 

 

 

イノベーション・ライン

まるでイタリアのスポーツカーのように、機能美の追求が全体のシルエットを美しくする。

不要なものを剝ぎ落したスタイリッシュさ、スマートさ。そしてエレガントさ。

Leggera Jersey #springtime #cycling

De Marchi Cyclingさん(@demarchicycling)が投稿した写真 –

年齢・地位・実績に応じてサイクルウェアのクラスを考慮する

デマルキのブラックは漆黒

漆塗りのように深みがある

着る人に風格や深みを与える

 

#cycling #italiancycling #italianlandscape

De Marchi Cyclingさん(@demarchicycling)が投稿した写真 –

背中のラインがすべてを語る

目に見えない細かい工程、細かいカッティング、細かい縫製が美しいラインを奏でる

Biking on Montello Hill, Veneto Region, Italy #biking #cycling #cyclingapparel #cyclingclothing #cyclingshots

De Marchi Cyclingさん(@demarchicycling)が投稿した写真 –

イタリアのスポーツカーのように優美で妖艶なシルエット

世界一美に対して厳しい目を持つイタリアだからこそ、ライディングポーズの美しさが際立つ

イタリアの彫刻美のように

360℃どこからみても美しい立体美

皺がいかないビブショーツは芸術品のよう

秋冬こそシルエットの美しさが引き立つ

高スペックなサイクルウェアには余計なものがいならい

サイクルウェアの性能を最大限引き出す着方

スタイリッシュに美しく

他のサイクリストと並んだ時に差が出る

シルエットの美しさで差を作り出す

サイクルウェア・自転車・ヘルメット・シューズ・・・

色のトータルバランスが大切

遠くからみた美しさも大切

 

 

ライフスタイル・ライン

サイクルウェアにしておくのが勿体ないほどのクオリティの高さ。上質なイタリア製を日常に身にまとう愉しさを味わう
カフェでもレストランでも一目置かれ歓迎されるスタイル

Italian model Paola Alpago wearing De Marchi’s Unica Polo #cycling #italianbeauty #cyclingclothing

De Marchi Cyclingさん(@demarchicycling)が投稿した写真 –

上質なポロシャツをエレガントに着こなす

De Marchi’s style. #cyclingclothing #italiancycling #lifestyle #cycling

De Marchi Cyclingさん(@demarchicycling)が投稿した写真 –

スタイルがキマると出かけたくなる

自然と立ち寄るところが増えて愉しみも増える

#cycling #italiancycling #bikejersey #cyclingapparel #cyclingunderwear

De Marchi Cyclingさん(@demarchicycling)が投稿した写真 –

上質はTシャツは1枚でも様(さま)になる

ヘリテージ・ライン

デマルキのウールジャージは、かつてプロ選手のために作っていた製品を復元した正真正銘の復刻品

ウールのエレガンスな風合いと最新技術の凝縮は、クラシックスタイルをこよなく愛するサイクリストを本物にしてくれる

 

自転車の歴史を知っているサイクリストは選ぶものが違う

裏付けられたスタイルは、周りからリスペクトされる

例えば、左側のグレーのジャージを着たサイクリスト

気を付けたいのは蛍光色のウィンドブレーカ

クラッシックスタイルには似合わない

ウールのチームジャージを着こなす貫禄

着こなすには中味を磨く

右側のサイクリストのスタイルも様(さま)になっている

左側のブルーのサイクリストヴィンテージライドにはふさわしくないスタイル

スタイルがその人のバックボーンを醸し出す

年齢を重ねた分、深みのあるサイクリストを目指したい

左側のグレーのジャージを着たサイクリストはまさにお手本中のお手本

バイク・サイクルウェア、キャップなどトータルコーディネートが熟成されたスタイル

右側のブルーのサイクリストはビィンテージライドではリスペクトを受けないスタイル

 

 

完璧なトータルコーディネート

人からどう見られているか、どう見られたいかを意識したスタイル

人を歓ばせるスタイル

右側のブルーのサイクリストはウールジャージ

真ん中のグリーンのサイクリストは化繊のジャージ

ヴィンテージライドでは化繊のジャージはリスペクトされない

化繊でも皺が出ないジャージを選びたい

若いサイクリストであれば、皺があっても若さでカバーできるが、年齢を重ねるとだらしなく見える

年齢を重ねたサイクリストなら皺は出ないジャージを選びたい

ちなみに、右側のサイクリストのヘルメットはNG.せめてカスクでコーディネートしてほしい。

 

まさにレジェンド。風格・貫禄すべて兼ね備えている。

周りからリスペクトされるスタイル

10年後、20年後になりたいスタイル

 

サイクリストの世界観が漂うスタイル

本気でスタイルを追求し続けないとたどり着けない領域

考えのないスタイルを5年10年続けてもこの領域にはたどり着けない

 

 

バイクも車もヴィンテージ

クラシカルな世界観を愉しむ

左側のドットカラーはヴィンテージライドではリスペクトされない