Since 1946 De Marchi cycling

immagine_0 histry_subtitle

チーム監督からウェア専門メーカーへ

histry_02

現代の自転車ロードレースのチームは、総監督の元、各レースを担当する副監督、機材を担当するメカニック、選手の身体の手入れを担当するマッサー、トレーニングや体調管理を担当するドクター、広報責任者、等々、各分野のスペシャリストたちが選手を手助けをしながら戦いを繰り広げている。他のトップスポーツと同じく、チームとしての総力戦である。

しかし、第二次世界大戦の頃までは、そこまで専門化していなかった。1人のスタッフが、2役も3役も兼任していた。1906年に北イタリア・ベネト地方に生まれたエミリオ・デマルキはチーム監督をやりながらメカニックやウェアの調達などもこなしていた。当時の選手には、オッタビオ・ボテッキアやジーノ・バルタリたちがいた。

選手が身に着けるウェアも、まだ自転車で求めらる機能に特化したものではなく、サッカー選手たちと同じスポーツ用ショーツを使っていた。パッドなどなかった。

セーム革(シカ革)の応用

pic08b pic07b pic06b

エミリオがデマルキ社を創業したのは第二次世界大戦終結直後の1946年である。自転車ウェア専門メーカーとしてはもっとも初期に創業したことになる。彼が目を付けたのは、オーストリア産のシカ革である。湿気にさらされても柔軟性を長時間保つシカ革を股間部にあてれば、サドルとの摩擦から皮膚を守ることができる。この着想は受け入れられ、他のウェアメーカーにシカ革を卸す商売も大きくなった。これによって、自転車専門ウェアメーカーが存立することになった。

さらなるハイテク化

デマルキ社の大きな特徴は、股間部に使うパッドの開発で常に最先端を走ってきたことである。ジャージやショーツそのものの素材や縫製、デザインだけでなく、パッドの機能が最も重要だと言っても過言ではない。1990年代から始まったハイテク・パッドの開発競争は熾烈さ、専門性が加速し、いまではパッド専門部門として別会社を立ち上げるまでに至っている。

さまざまな過酷な環境に身体がさらされる点、身体の一部に大きな負荷がかかる自転車の特異性等から、自転車のウェアに求められる機能は複雑を極めている。緩衝材としてのジェルパッドからはじまり、独自の柔軟性を持たせたエラストマー、呼吸性能、坐骨部から会陰部にかけての通気性を高めた構造、シームレスな縫製、耐バクテリア性能など、デマルキは日々、自転車ウェアの完成形へと近づいている。

1946年、ドロミテ山塊の麓において、サイクリングチームマネージャーのエミリオ・デ・マルキがMAGLIFICIO(ニットウェア工房) DE MARCHIを創業しました。良質なメリノウールと革新的な構造、卓越した着心地によって高い評判を呼ぶことに成功しました。デマルキによって生み出されたウェアは、ファウスト・コッピ、ジーノ・バルタリ、ルイゾン・ボベ、エディー・メルクス、フェリーチェ・ジモンディ、フランチェクコ・モゼール、ジュゼッペ・サローニ、マリーノ・バッソといった、世界的に有数で偉大な選手らによって着用されました。今日、デマルキは有名なイタリアの伝統的なブランドです。

1946

De Marchi develops the first cycling jerseys made with circular knitting technique, more comfortable than those cut & sewn.

1948

Fiorenzo Magni wins the Giro d’Italia with a Wilier Triestina jersey made by De Marchi.

1949

Fiorenzo Magni wins his first out of three Tour des Flandres in a De Marchi jersey, quickly earning the nickname “Lion of Flanders”.

1950

Antonio Bevilacqua, nicknamed “labròn” vins his first World Track Championship in Rocourt.

1951

Louison Bobet wins the Milano-Sanremo with a De Marchi jersey and suggests Emilio De Marchi to start using zippers instead of buttons.

1953

Fausto Coppi wins the World Cycling Championships in Lugano and wears a rainbow jersey, handmade for him by Emilio’s daughter, Elda De Marchi.

1954

Fiorenzo Magni wins the Italian Cycling Championships for the second time wearing a De Marchi jersey with a zipped collar instead of a traditional buttoned one.

1960

Gastone Nencini wins the Tour de France with a De Marchi jersey.

1963

Emilio De Marchi launches the first buckskin chamois that are softer than the previous ones made of sheepskin.

1964

Mario Zanin, a total outsider riding for U.C. Vittorio Veneto, wins the Tokyo Cycling Olympics in a De Marchi jersey.

1977

Francesco Moser wins the World Cycling Championships in San Cristobal wearing the iconic De Marchi “ITALIA” track jacket for the first time.

1980

Moreno Argentin wins the Italian Amateur Cycling Championships riding for U.C. San Giacomo in De Marchi apparel.

1986

Moreno Argentin wins the professional Cycling World Championships in Colorado Springs wearing De Marchi.

1990

De Marchi files a patent for “Soft-Gel”, the first high-tech, heat molded chamois with “VettaGel”.

1991

Ruthie Matthes of Team Ritchy in De Marchi apparel wins the Mountain Biking World Championships held at “il Ciocco”.

1992

De Marchi files a patent for the first air-inflatable “Air Control” chamois.

1993

The first “magliavento” (“wind-jersey”) with a Windstopper front panel is made famous by Henrik Djernis of team Ritchey, winning his second out of three consecutive World Mountain Biking Championships in Bromont.

1996

Nicolas Vouilloz becomes a legend by winning the World Downhill Championships, his second in a series of ten out of eleven total participations and makes it to the Guinness Book of World Records wearing a De Marchi jersey.

1999

De Marchi develops the first “Contour”, 3D-designed cycling shorts in history with curved panels.

2000

De Marchi files a patent for the first elastic chamois that will soon become a world standard.

2001

De Marchi develops the first ever “U-fit” seamless short.

2005

De Marchi develops the first “Contour Racing” chamois that is welded directly into the shorts.

2007

De Marchi develops the first ever “endurance” chamois thanks to 3D shaping combined with a mix of high-density foams that drastically reduce genital compression and improve blood flow.

2012

De Marchi develops “Perfecto”, the first cycling shorts with a revolutionary anatomic shaping which targets individual muscle groups involved in the pedaling movement.

2015

デマルキ京都店 京都・祇園にてオープン

2016

de_marchi_cycling_logo_1b De Marchi turns 70 and is the oldest cycling clothing brand on the market.

現在

デマルキのサイクルウェアは、この二人の兄弟によって生み出されています。

デマルキ京都店は、デマルキブランドのフラッグシップ店として、イタリア本店をのぞき、世界で唯一となる専門店として登場しました。その場所は、世界無形文化遺産に登録された「和食」をリードする京都の名だたる高級料亭が立ち並ぶ祇園の八坂通沿いにあります。

サイトをリニューアルしました。会員再登録をお願いします。 非表示