に投稿

みんなのデマルキ~こだわりのオトナが選ぶオンとオフ~

遠方からステキなご家族とご一緒に京都旅行がてら、お立ち寄りいただきました。

お客様は、バイクは勿論ですが、ウェアにもこだわりをお持ちです。

ウェアはオンとオフと上手く装いを愉しまれています。

【オンタイム】

「ツール・ド・国東」に参加されるのに、最先端のベローチェジャージ&パーフェクトプラスビブショーツとグレードの高いもので揃えて参加されました。

会場で高級バイク&ウェアでキマッた姿のお客様。大会で視線を浴びたことでしょう。

こだわるオトナこそ高級感&上質感の着こなし力を大会(イベント)で発揮できる、「ON(オン)」のスイッチが入った好例ですね。

お客様のインプレ『 TREKのProject Oneで発注した「Domane SLR6」です。色はブルースティールのグラデーションで、今回のデマルキのジャージやショーツにピッタリでした。 』

【オフタイム】

「一度は泊まってみたい!」そんな素敵なお宿、湯布院(由布院)温泉に佇む宿泊施設「 山荘 無量塔 (さんそうむらた) 」

そちらに、ご家族で宿泊されたときに、息子様が撮影された愛を感じる一枚。

趣のある建物の前で、バイクとウールジャージを上手く構図に入れて撮影されたのは流石です。とても絵になる一枚です。

実は、着用されているウールジャージ「 ギザッロ・サイクリング・ミュージアム・ウールジャージ 」は、息子様が選ばれた逸品でした。

イタリアにあるサイクリストの聖地である「ギザッロ協会」(Madonna del Ghisallo) を一目みて、お父様におススメされる息子様の審美眼に驚きました^^

そのウールジャージを 山荘無量塔(さんそうむらた)の素敵な空間で愉しまれるお客様。

off(オフ)のひと時もオシャレな装いを心がけされるお客様。オトナのたしなみを愉しまれているのが伝わってきます。

ステキなオンとオフのお写真&インプレッション、誠にありがとうございました。

お客様が着用されたアイテム

に投稿

みんなのデマルキ~いつかはTIME&De Marchi ~

お客様の愛車TIME(タイム)&デマルキの最新トップモデル、コルティナウィンドジャージでご来店下さいました。

高級カーボンバイクにトップモデル・ウール素材のジャージは、質感が伴って全体的にラグジュアリー感が出てきます。

着用されているジャージは、バックに洒落たエンブレム、脇にリフレクターとトップモデルならではのこだわりが施されています。

このジャージに、メリノウールショーツで上下セットアップされるところが、上級者の着こなしです。

カーボンバイクに質感のあるウール素材のセットアップは、ひと際目立って、他のサイクリストから注目の的です。

グローブの内側はレザーの質感のように凝ったもの。

更に、この日は、最新の TIME(タイム) シューズのお披露目でもありました。

人よりいち早く良いものを嗅ぎ取られる感性は抜群です。

最先端で良いものをドンドン取り入れていかれるチャレンジ精神は素晴らしく、ますます感性が瑞々しくなっていかれるように思います。

これからも、お客様らしいカッコよさを貫かれ、オシャレなサイクリストをけん引していってください。

ご協力誠にありがとうございました。

着用アイテム

関連アイテム

に投稿

<クロモリ&ウール>クラシック好きな方へお勧め動画

人気のけんたさんが「 Eroica Japan(エロイカ・ジャパン) 2019」の動画をYouTubeで配信されています。

ビンテージライドが気になる方、クロモリ好きな方、ランドナー好きな方など、自転車の新たな愉しみ方を見つけたい方、御覧になってみてはいかがでしょうか。

あなたがサイクルライフを愉しむ為のヒントがあるかもしれませんよ。

*けんたさんのビンテージサイクルファッションは、デマルキでした。下記参照アイテムを御覧になってください。

参考アイテム

に投稿

みんなのデマルキ~洗練されたバイク&ウェアのトータルコーデ~

お客様が全身オールデマルキでご登場してくださいました!

愛車のバイクに合うように、ウェアを選びトータルコーデにチャレンジしてくださいました。

バイク&ホイール&パーツ類の色目を抑え、差し色が効果的に見えるように工夫されているのは、粋なセンスが光ります♬

フレームの色目が抑えられていると、着用するウェアが引き立つことを計算されているのは流石です。

イタリアらしい美しいブルーカラーのジャージ&ビブショーツは最先端のもの。

ビブショーツはトップグレード、パーフェクトプラスビブショーツ。上質な生地の質感、リフレクターが際立って、とてもお似合いです。

グローブ・キャップ・ソックスまで上手に色目をコーディネートされる感度の高さには舌を巻きます。

ベースレイヤーはメリノウールで汗の処理・抗菌作用を上手く利用。サイクリストのお手本のようなスマートなレイヤリングです。

お客様のように全体を考えながらトータルコーデすると、洗練されたカッコいいサイクリストになれます。

これからも、センスの良さを磨いて、憧れられるようなサイクリストで居続けてください。

ご協力ありがとうございました。

お客様のトータルコーデのアイテム

に投稿

\クラシックスタイルのアイウェア/洗練されたアイウェアとは?

「クラシックコーデに合う、アイウェアはどんなものがおススメですか?」

という質問をお客様から頂きました。

お客様はエロイカジャパンで出走するにあたって、アイテムを揃えていらっしゃいます。

その中で悩ましいのが、アイウェア

普段、ロードバイクで使用しているスポーティなアイウェアでは違和感があります。

クラシックなアイウェアもありますが、サイクリング用でないものが多く、使用感に少し物足りなさも。

そこで、当ショップでは数点ですが、クラシックタイプの ルディプロジェクト アイウェアを店舗に展示しております。

クラシックタイプならトータルコーデした場合も、カッコよくキメることができます。

イタリアブランドらしく、フェイスに美しくフィットする優雅さと共に軽量でストレスフリーなところが特徴です。

気になる方は、店舗でご確認ください。

に投稿

祝・令和(れいわ)~新時代への挑戦~

いつもデマルキ京都を応援してくださっている皆様 。

令和元年5月1㈬🎌  新時代「令和(れいわ)」をお迎えし歓びに包まれていらっしゃることでしょう。

さて、皆様は、新時代「令和(れいわ)」にどんなことを期待をしていますか?

目まぐるしく変わる昨今。

自転車を取り巻く環境もE-bikeの普及などで変化し続けています。さらに、新時代になると、自転車の自動運転や新しい乗り物が出てくるかもしれません。

それに伴い、自転車の愉しみ方・装い方も劇的に変化するかもしれません。

未来の予想が難しい新時代だからこそ、デマルキ京都は、サイクルウェアが私たちに歓びを与えてくれる新たな価値観・可能性を見出す為に、新しい挑戦に果敢に取り組んでいきたいと考えています。

新しい挑戦は、良い結果に繋がることばかりではないかもしれません。

しかしながら、その挑戦がお客様のウェアに対する新たな価値観を見出し、それがかけがえのない人生の歓びに繋がるのであれば、まずはチャレンジする精神を大切にしたいと考えています。

皆様も私共と一緒に、新しい時代にウェアの新たな価値観・可能性を見出す為の挑戦を始めてみませんか。

その挑戦が今まで気づかなかったような新たな価値観・可能性を見出し、サイクルウェアを装う歓びの発見に繋がると期待しています。

その期待を実現する為にも、皆様と共に、令和の時代を一歩ずつ歩んでいきたいと思っております。

引き続き、デマルキ京都をご支援・ご愛顧いただきますようお願い申し上げます。

に投稿

みんなのデマルキ~ビアンキ×デマルキ~

ロードバイクを始めたばかりのお客様

初心者とはいえ、ウェアを選ばれる感度の高さには舌を巻きます。

良いものをしっかり見極め力をお持ちです。

推測するに、今までの他の分野での豊富な経験から、ウェアの重要性を認識し、ハイクオリティなものを選ぶ術を身に着けていらっしゃるのでしょう。

特にお客様が気に入られたのは、「 GOKISO × デマルキ パーフェクト ビブショーツ コラボ仕様」

ビブショーツが最高にいい!!と大絶賛でした。

このトップモデルのビブショーツは、パッドの形が三日月形で、クッション材は3層構造、表生地には防臭防菌効果があり、5種類の生地を使い分けるラグジュアリーな質感。

その良さを理解し、カッコよく着こなしてくださっています。流石です。

ジャケットは、デマルキが誇るc-change 特許技術を持つ3-SEASON JACKET ( 3シーズン ジャケット )。

デマルキのブラックは色が深く高級感のあるブラックなので、セットアップでまとめるとより一層、高級感が高まります。

愛車のビアンキのフレームカラーと上手にトータルコーデ。素敵ですよね!

これからも洗練されたサイクルファッションを愉しみにしています。

デマルキウェアでご来店並びにご協力くださり誠にありがとうございました。

に投稿

De Marchi Kyoto のセント・パトリックス・デー (“Saint Patrick’s Day)

3月17日はセント・パトリックス・デー (“Saint Patrick’s Day”) 。

DeMarchi(デマルキ)には、
デマルキ アイルランド 1982 ナショナルチーム ウールジャージ があります。

店内は只今、グリーンカラーをディスプレイ♪

3月17日日曜日まで展示しています。御覧になってください。

に投稿

みんなのデマルキ!世界遺産(world heritage)とマッチした輝き♪


一度は行ってみたい!世界遺産大峰山。  

2月下旬、 大峰山がある 奈良県天川村あたりをサイクリストのご友人達とライドを愉しまれたお客様。

ライド前に当店に来店され 、「2月下旬、天川村に走りに行くので、良いウェアはないですか?」とご相談を受けました。

2月下旬の山ライドは、テクニカルです。2月下旬の山は基本的に寒い。しかし、登りは暑く、下りは極寒!ウェアのセッティングがとても難しく、悩ましくなります。

そこで、 デマルキ ステルヴィオ ジャケット をご案内させていただきました。

理由は、 3層構造完全な防水性&防風性 、そして、透湿性のある生地を採用しているからです。

ヒルクライムの登りは暑く、汗が噴きでますが、透湿性のある生地だと汗冷えしないのと、極寒の下りは、完全な防風で、体温を守ってくれるから安心です。ロングライドでは、ジャケットを脱ぎ着するのは面倒です。状況に応じて対応してくれるジャケットだと、体力が低下せず、快適なままサイクリングを愉しむことができます。

ベースレイヤーは、お客様がお持ちの デマルキ カレッツァ ベースレイヤー

メリノウールのベースレイヤーは、汗冷えを防いでくれる優れもの。

この2枚のレイヤリング(重ね着)でテクニカルな天候でも安心して楽しめます。

そして、グローブは、 デマルキ コルティナ ソフトシェル グローブ

こちらは、美しい奥様からのお誕生日プレゼント!とっても素敵な絵になるご夫婦です。

最後に、冷たい足先は、ウールソックスでクリア!

デマルキをこよなく愛してくださるお客様ならではの気合の入ったトータルコーデでした。

お客様のインプレが気になっていたのですが、直ぐに下記のメールと素敵な写真が送られてきました。とても快適だったようで嬉しいご報告でした。以下はお客様のインプレです。ご参考になさってください。

『この間はありがとうございました😊 無事行ってまいりました。 快適でしたよ〜 まわりの景色どうこうより、 ウェアが気持ち良すぎて、感動(^^) 寒くない、坂道は暑くない。 ライド仲間は、寒いか暑いか大変そう😵 分かります?この表現‼️ 休憩するたびに僕はそのまま、 仲間は脱いだり着たり(๑˃̵ᴗ˂̵) やっぱりいいものは、イイですな\( ˆoˆ )/ また、お世話になりますね(^^)』

このようにとても嬉しい内容でした。

新車『チネリVELTRIX DISC」・新しいヘルメット&シューズ。

そして、オールデマルキ・コーデ!全て新品!完璧なトータルコーデです。

世界遺産 (world heritage )とマッチして輝いてみえるお客様。

お友達からも眩しいほど、輝いていらっしゃったのではないでしょうか。

普段、店舗に来られる時もカッコよく素敵なのですが、より一層生き生きとされて輝いてみえます。

これからもデマルキでラグジュアリー感あふれる洗練されたサイクリストとしてご活躍下さいませ♪

ご協力ありがとうございました!

*お客様が着用されているアイテム

以下はインナーとして使用

に投稿

オトナのサイクリングレザーシューズお手入れ講座ー報告ー

De Marchi サイクリング レザーシューズのお手入れ講座を開催しました。

講師は、デマルキ京都店のお客様。

講師の先生にお手入れ方法を実演していただき、その後、聴講者自身のレザーシューズで実践していきました。

まずは、クリームから。

クリームもいろんな種類がありますが、講師の先生お勧めのクリームで実践

色付きのクリームもあります。こちらは、COFFEE色のクリームでチャレンジ。

講師の先生からブラッシング方法も教えて貰いました

ブラッシングはコチラ。

ブラッシングの様子(約9秒)

シューズの後は、レザーサドルのお手入れ方法についても教えて貰いました。

レザーサドルにも色んな硬さがあり、クリームのお手入れ方法も異なります。

講師の先生のように、長年積み重なったお手入れの経験があると、色んなバリエーションのお手入れ方法があります。まずは、やってみて、経験を積むこと。

そこから、自分のお手入れのスタイルが見つかるはずです。

ウェアのファッション(スタイル)と同じですね!

まずは、やってみて、経験を積んで、自分のファッション(スタイル)を確立する。

自分らしく人生を粋にカッコよく生きていく為のセオリーですね。

この日、講師の先生&参加者の装いは、デマルキのウールでコーディネートされていました。ドレスコードは、デマルキではなかったのですが、カッコ良くキメて来てくださるのは流石です。気遣いもオトナです^^

ちなみに、講師の先生は、DeMarchi×ナイジェルケーボン コラボのセットアップでした♪ 洗練されたオトナの洒落感が漂っていて素敵でした。

NIGEL CABOURN X DE MARCHI SHAWL CARDIGAN ARMY

講師の先生&参加して下さった方、誠にありがとうございました。