に投稿

京都東山花灯路2019 ~京都の春の宴~

京都の早春を感じる京都東山花灯路2019

現代いけばな展が開催されるなど、春の宵を一足先に楽しめるイベントです。
2019年3月8日~17日まで  点灯時間は午後6時~9時30分

開催場所は、八坂の塔、高台寺前のねねの道、円山公園などです。

八坂の塔ならデマルキ京都店より歩いて2分!

*店前から、八坂の塔が見えます。

当店にお立ち寄りいただたあとに、散歩されてみてはいかがでしょうか。

詳細は下記サイトをご覧になってください。

http://www.hanatouro.jp/higashiyama/index.html

に投稿

デマルキ京都店のある京都・祇園という街について

デマルキ京都店は京都 祇園にあります。祇園には格式の高い祇園甲部という花街があり、舞妓・芸妓さんの一流の舞を観に世界中からVIPが訪れます。

その祇園においてデマルキ京都店のある八坂通りは京都で名だたる料亭が並ぶ高級料亭通りです。元々は京都画壇のアトリエが並ぶ通りとして発展しました。時代を経て料亭へと姿を変えましたが、芸術家が残した建物は風格の高さを感じさせます。

店からは八坂の塔を眺めることもできます。

近隣には、清水寺、高台寺、八坂神社など、有名な社寺仏閣もあります。

デマルキ京都店で買い物した後は、美味しい京料理に舌鼓し、お気に入りの庭園を眺めて一服。

そんな上質な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

京都 祇園には特別な時間が流れています。

に投稿

京都~秋のお出かけ~「CHANEL MATSURI(シャネル マツリ)」

美に敏感で、アート好きなサイクリストの皆様

CHANEL(シャネル)の新作コスメ披露イベント、期間限定開催コレクション「CHANEL MATSURI(シャネル マツリ)」が京都六角堂・頂法寺で10月13日(土)~21日(日)開催されています。

京都六角堂の境内がCHANEL(シャネル)一色に様変わり。

詳細は下記サイトをご覧になってください。

https://kyotopi.jp/articles/OhL9o?page=2

デマルキ京都店から京都六角堂までは自転車で約12~13分

 

に投稿

お盆といえば六道参り・デマルキ京都からすぐ♬

六道参り(精霊迎え)は京都の夏の風物詩 

8月7日~10日まで六道珍皇寺で行われます。

『京都では、8月の13日から始まり16日の五山の送り火に終る盂蘭盆(うらぼん)には、各家に於て先祖の霊を祀る報恩供養が行われますが、その前の8月7日から10日までの4日間に精霊(御魂 みたま)を迎えるために当寺に参詣する風習があります。
これを「六道まいり」あるいは「お精霊(しょうらい)さん迎え」と言います。

平安時代においてこの辺りが、墓所の鳥辺山の麓で、俗に六道の辻と呼ばれた京の東の葬送の地であったこと、それはまさに生死の界(冥界への入口)であり、お盆には、冥土から帰ってくる精霊たちは、必ずここを通るものと信じられた事に由来しています。 』

*六道珍皇寺HP引用 http://www.rokudou.jp/visit/

デマルキ京都がある八坂通り、松原通りはお詣りの人で溢れています。

ちょっと、通な京都の風物詩。

今年はお詣りされてみてはいかがでしょうか。デマルキ京都店より徒歩1分

 

に投稿

オトナの夏休みは京都へ~京の七夕~

『京の七夕2018』

今年も始まります~

おススメは「舞妓茶屋」。

先斗町歌舞練場では、飲み物をいただきながら舞妓さんの舞を鑑賞できます。

デマルキ京都からなら鴨川会場まで歩いて10分程度(四条通)

祇園からゆっくり鴨川に向かって歩くのもいいものです。

他に、二条城のライトアップもあります。

さらに、堀川エリアもあります。

ちょっと足を延ばして出かけてみるのもいいかもしれませんね。

8月4日㈯~15日㈬まで

京の七夕:http://www.kyoto-tanabata.jp/ *詳しくは左記HPを御覧になってください。

 

 

 

 

に投稿

祇園祭 後祭 粋なオトナの愉しみ方『屏風祭』

祇園祭の愉しみのひとつ 『屏風祭』

鉾町にある京町家で旧家・老舗の店舗などが所蔵する美術品・調度品などが展示されます。まるで、街が美術館になったような趣があります。

ひとつひとつ屏風や装飾がことなるので、散策しながら見て愉しむことができます。

オトナがちょっと粋に愉しめる『屏風祭』

粋な愉しみ方を味わってみてはいかがでしょうか。

☆屏風祭の詳細はコチラをご参考になさってください。

http://www.kyotodeasobo.com/gion/byoubu-matsuri/

 

 

に投稿

祇園祭 後祭 はじまりました

祇園祭 後祭 がはじまりました。

各山鉾町(10基)では駒形提灯がともされ、なんともいい風情を味わうことができます。

昨日、一足先に北観音山で祇園囃子を聴くことができました。

宵山は21日㈯~23日㈪です。

デマルキ京都店にお越しの際に、祇園囃子を聴きにいかれてみてはいかがでしょうか。

 

祇園祭の詳細はコチラを参考になさってください。

http://www.kyotodeasobo.com/gion/schedule/

に投稿

祇園祭 山鉾の装飾

山鉾に装飾される豪華絢爛な懸装品などを間近で拝見できます。

「動く美術館」といわれる所以です。

上記写真は長刀鉾の懸装品などの装飾品です。

 

オトナならではの楽しみ方を味わってみてはいかがでしょうか。

に投稿

2018 祇園祭 ~長刀鉾~

京都の夏といえば、祇園祭。

各町では巡行の山鉾が収蔵庫から出されて組立てられます。

巡行の先頭、長刀鉾(なぎなたほこ)を拝見してきました。

 

生稚児が乗るのはこの鉾だけです。

前祭(さきまつり)の宵山は14日~16日です。

一度、御覧になられてみてはいかがでしょうか。